鍛造開発技術

技術の強み

  1. 冷鍛+溫鍛複合鍛造は複雑で、精密な鍛造品を製造することができ、機械加工品や再び加工を必要がない鍛造製品を製作することができ、加工コストを大幅に削減されます。
  2. MAF Die Set技術が工程を短縮され、鍛造品の寸法を精密化と材料低減化に得られます。
  3. 2500T生産ラインの自動化は省力化、省人化、高速化、高品質化、低コストで実現することができます。
  4. 3000T熱間鍛造生産ラインは約25キロの大型鍛造品が製造されている。
  5. Deform解析システムは事前にプレス成形シミュレーションしを行なうことで、トライアウトの回数が減少し、開発時間を短縮される

❏ 鍛造開発技術

栄璋は鍛造品開発の方面に豊富な経験を持って、開発試作や量産段階で発生する問題を回避するために、製品の最初開発段階でクライアントと工法の検討と合わせ、双方に合致した最適な方策になっております。

鍛造品の開発段階では、クライアントより図面やサンプル、3D模型を受け取り次第、粗材の2D/3D図面を設計し、サンプルをスキャンして、3Dファイルを作成し、金型開発を行います。金型が完成後試作を行い、最終的なサンプルはフルサイズを測定して、図面の要求が一致しているかどう判定する。

同時にAPQP(先行製品品質計画)、PFMEA(プロセス故障モード影響解析)、CP(量産試作コントロールプラン)を通してISIR合格後、またPPAP(産部品承認プロセス)を審査して、量産になります。鍛造品を設計、開発試作、量産試作、量産などの段階で製造の過程及び資料の改訂を管理されいてます。

Auto-CAD-2DとCimatron-3Dソフトを通して鍛造品の図面や工程図面を作成して、Deform解析システムで、製造過程の分析を行い、最適な金型設計を実現する。プロセス(時間)の短縮になる、トライアウトの回数が減少、量産の品質を向上させます。

栄璋は長年にわたり、積極的に開発チームを強化するため、ソフトやハードウェアの技術及び人材の育成には、CAE熱流体解析と組み合わせて、開発技術と金型設計レベルに引き上げる。